トップ

騒音性難聴の耳鳴り

騒音性難聴の症状とは

ライブ後の耳鳴りの症状

大好きなアーティストのライブを存分に楽しんだり、大音量の鳴り響くクラブで朝まで踊り明かしたりした後で、数日間にわたって耳が聞こえにくくなったり、耳鳴りが止まなくなるような症状に悩んでいらっしゃる方は多いと思います。

耳鳴りでお悩みならこちら。

特に音楽好きで年間数十本のライブに参戦している方や、クラブに毎晩のように入り浸っているような方の中には、耳鳴りや耳の聞こえにくさが慢性的に続いているという方も多いのではないでしょうか。

ライブの後や、クラブに行った後で、翌日以降も耳鳴りが続くような場合には、「騒音性難聴」という状態になっている可能性があります。大音量で音楽などが鳴り響く空間に数時間にわたって居た場合には、騒音性難聴を発症することが多くなっています。

ただ、ライブ直後などに耳鳴りなどの症状を感じたとしても、その症状は数時間程度で収まってしまうようなこともあります。比較的短時間で収まってしまうようなことも多い騒音性難聴ですが、翌日以降も症状が続くようであれば経過に注意しておいた方が良いでしょう。

騒音性難聴の主な症状は、耳鳴りや主に低音が聞こえにくくなるというものになります。また翌日以降も症状が続く場合には、次第に低音以外の音も聞こえにくくなってしまいます。

騒音性難聴はもともと、工事現場で働く人や鉄道関係者など、日常的に大きな音にさらされる職業の人に多く見られる病気でした。ですので、医療関係者などの間では「職業性難聴」という名前で知られているものでもあります。

騒音性難聴の症状が数日間にわたって続く場合、さらには日常的にライブ会場やクラブへ行くような方の場合には、まずは一度耳鼻科へ行って医師の診断を仰ぐ必要が出てくる場合もあるでしょう。